一心無双流とは

一心無双流では、平時にあって不意の斬撃から体を捌いて抜刀し敵を制する護身の刀法を、居合道であると捉えている。
私達、当流の門人は、流祖毛利伊勢守高政からの道統を受け継ぎ、第十一代宗家毛利友彦元春先生から直伝を受けた、総師範山田文典を中心として京都・滋賀において稽古を重ねている。
当流の特徴は、水の流れるが如しと称される自然な形であり、静かな中に気合のこもる居合である。
私達は、古流居合である一心無双流の修練を通して、心身を鍛えるとともに礼儀作法を修め、また、当流を正しく未来に伝承するべく、日々励んでいる。